心臓ドック検査で命を守る~早期発見が治療完治のキーポイント~

医者

治療を快適に

転移した胃がんの治療法を調べる

医者

転移した胃がんの治療法は、転移がリンパ節の範囲なら、手術が中心です。以前は、原発巣の胃と、周辺のリンパ節を、広めに切除していました。しかし、近年は、再発や転移の危険のない範囲で、なるべく切除範囲を小さくする工夫がされています。そのような手術を受けることによって、肉体へのダメージを減らし、術後もより快適に過ごすことができます。また、リンパ節以外の臓器に転移した場合など、手術ではなく、より効果がある抗がん剤による化学療法がおこなわれます。抗がん剤の研究開発も年々進んでいるので、転移した胃がんにも効果が期待できる抗がん剤が複数あります。どの抗がん剤が最適かは、胃がんの転移のしかたや症状、がんの病態などに応じて異なります。

知っておくと良い情報を調べる

リンパ節以外に転移胃がんした胃がんの治療法は、抗がん剤が中心となりますが、患者の生活の質(QOL)の向上のため、手術が行われることもあります。例えば、病巣によって食べ物がのどを通りにくくなった場合には、以前は手術で胃腸を吻合する治療が行われていました。しかし、最近では、内視鏡によって狭窄部にステントなどを挿入したり、バルーンカテーテルで拡張する手術が行われています。レーザーで胃がんの組織を破壊する方法も、完治は期待できなくても、苦痛を緩和する姑息的治療として効果的です。例えば大量に出血する部位や狭窄部がある場合に適用されます。腹膜に転移する腹膜播種では、以前は治療法がなかったのですが、新たな抗がん剤の開発によって、延命が期待できるようになりました。